ボトックスの相談【注射だけで済むので人気】

施術後のケア

女性

触らないようにしよう

ボトックスは手術しないでシワを改善したり小顔にしたりすることができる施術です。施術時間が短く定期的に施術を受けることで半永久的な効果を得ることができます。ボトックスを注射した後いくつか注意点があります。洗顔や洗髪などは行うことができますが、入浴は軽めにした方が良いでしょう。メイクは行うことができる場合がありますが、顔を施術している場合はできるだけ刺激は避けることをおすすめします。肌に負担をかけないというポイントからマッサージやサウナなども控えた方が良いでしょう。マッサージすると注射した溶剤が分散することがあり、効果がダウンする可能性があるので注意が必要です。アルコールもしばらく控えておき、人によっては腫れや内出血・しびれなどがありますがしばらくするとおさまるので大丈夫です。筋肉が収縮しないので2〜3日ぐらい違和感がありますが数日で治まります。治療した後すぐに横になるのもやめておき、患部には触れないようにするのが大切です。不用意に触ると注入した部位から他の部位に溶剤が拡散するケースがあり、3〜4日間は控えておきましょう。洗顔しても大丈夫ですが、圧力をあまりかけないように注意して行います。就寝時も注意が必要で、注入した部位に枕を当てて寝ると圧力がかかることがあります。注入したボトックスが圧力によって拡散してしまうと、理想通りのフェイスラインに仕上がらないことがあるので注意が必要です。治療をした後は4〜5時間くらいおとなしく過ごしたり、安静にしたりすることをおすすめします。ボトックスは施術を行う場所によって費用が少し異なります。眉間や目尻などの表情じわの場合、大体料金は同じ設定になっていますが眉間や額は目尻より範囲が広くなるので少し価格に差があることがあります。費用相場は1箇所3万円〜6万円ぐらいでしょう。エラボトックスの場合、骨格に問題はなく筋肉が発達しているエラに利用することが可能です。小顔に整えることができ、平均5万円〜10万円ぐらいになるでしょう。クリニックによって異なりますが、年間保証をつけると15万円以上になることもあります。ふくらはぎは太くなりやすい部位で、注射することによって筋肉太りを解消したり細い脚になったりすることができるでしょう。ふくらはぎの金額にはかなり幅があり、10万円〜25万円ぐらいと言われています。キャンペーンなどを利用すると10万円以内で施術することができるクリニックもあります。ボトックスはわきがや多汗症に効果があり、脇の下に注入することによってエクリン汗腺の作用を抑制することができ、多汗症やわきがなどの治療によく使われています。脇の場合はだいたい8万円〜10万円ぐらいでしょう。通常ボトックス治療は保険外になるのですが、重度の原発性腋窩多汗症などと診断されると保険適用になることがあります。かなり低料金で施術を受けることができるので便利です。肩こり治療にも効果があり、凝り固まった筋肉などの収縮を抑制するのにボトックス注射は効果があります。いろいろな施術に使われているので一度クリニックに確認してみると良いでしょう。

Top